ボブ・ディラン

のコンサートに行ってきました。2度目です。

おそらくラストになるであろう今回は日本公演100回記念でもありました。

ロックとは何か、それが全て詰まっていたと確信する程、圧倒されました。あっと言う間でした。

まさに音楽、まさに芸術だと痛感しました。

誰かの曲をカバーしているかのように歌うオリジナルソング、気に入ったフレーズはしつこいくらいにリフレイン、そして何と言ってもあの声。それこそがボブディランで、1つの正解なんだと思います。教えてもらったような気がします。
ディランのギターが聴けなかったことと物販のハーモニカを買えなかったことが心残りです。

眠いので寝ます。

バックバンドも非常にカッコ良かった…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中